キーワードから探す

カテゴリ: インターネット >  スパムチェックについて

スパム制御の設定はどうやって変更すればよいですか?

スパム制御の設定はパソコンセキュリティサービス Ver.3の画面から行います

[スパム制御の設定変更]

1.Windowsシステムトレイのパソコンセキュリティサービスアイコンをダブルクリックして、パソコンセキュリティサービス Ver.3を開きます。

2.メイン画面で「設定」をクリックして設定画面を開きます。

3.設定画面の「ウェブとメール」から「メールフィルタ」を開きます。

・[メールフィルタを有効にする]:有効/無効 「無効」にするとスパムメールの判定は行われません。

・[スパム/フィッシング フィルタモード]:厳しめ/中程度 通常は「中程度」で問題ありません。「厳しめ」にするとスパム判定が敏感になるためより多くのメッセージがスパムメールと判定されるため、スパムではないメッセージもスパムと判定される可能性が高くなります。

・[Outlookと統合]:次の日数が経過した時点でジャンクフォルダを消去 Microsoft社のOutlookを使用して電子メールの送受信を行っている場合、スパムメールを自動的に消去することができます。この機能を使用するためにはチェックボックスにチェックを入れて、日数を入力してください。メールを受信してから、指定日数経過すると、スパムメールは消去されます。「確認のポップアップを表示する」にチェックを入れておくと、スパムメールを消去する前に確認メッセージが表示されるようになります。

[受信許可/拒否リストの設定方法]

1.Windowsシステムトレイのパソコンセキュリティサービスアイコンをダブルクリックしてパソコンセキュリティサービス Ver.3を開きます。

2.メイン画面で「設定」をクリックして設定画面を開きます

3.設定画面の「ウェブとメール」から「メールフィルタ」を開きます。

4.<受信許可リストの設定>設定されたアドレスまたはドメインからのメールは、正常なメールと判定されるようになります。設定画面の「メールフィルタ」で「送信者を許可」リンクを開きます。画面の「追加」ボタンをクリックして「送信者/ドメインの追加」ダイアログを開きます。[アドレス]に、受信を許可するメールアドレスもしくは受信を許可する送信元のドメインを指定します。 (例) 送信者のメールアドレスを指定する場合: testuser@example.com 送信元のドメイン指定を指定する場合: *@example.com

5.<受信拒否リストの設定> 設定されたアドレスまたはドメインからのメールは迷惑メールとして判定されるようになります。設定画面の「メールフィルタ」で「送信者をブロック」を開きます。画面の[追加]ボタンをクリックして「送信者/ドメインの追加」ダイアログを開きます。 [アドレス]に、受信を許可するメールアドレスもしくは受信を許可する送信元のドメインを指定します。 (例) 送信者のメールアドレスを指定する場合: testuser@example.com 送信元のドメイン指定を指定する場合: *@example.com

6.[OK]ボタンで詳細設定画面を閉じてください。

以上で操作は終了です。

お問い合わせ電話番号

  • ケーブルTVの操作・不具合について

    24時間 年中無休

  • KCN-net (インターネット) サポート

    24時間 年中無休

  • お申込み・契約内容の変更・料金について等

    9:00〜17:30(日・祝休み)

お客様サポート

よくあるご質問

お役立ちリンク集

KCNグループ

  • 近鉄ケーブルネットワーク株式会社
  • KCN京都
  • テレビ岸和田

携帯端末向けページ

QRコードを読み込みしてください。

お知らせ、メンテナンス情報、障害情報がご確認いただけます。